弓道胴づくりが崩れる時の改善方法やコツを調べた

そもそも胴造りが崩れる原因ってなんだろう・・?と思い調べた

 

頭では分かっているつもりでも、基本をつい忘れ手先の技巧に気を取られてしまいがちな今日この頃。最近まさかの胴づくりがダメだと指摘されて一人悩んでいます。自分なりに色々調べたら・・

 

正しい足踏みの上に腰を据えしっかり重心をのせていないと・・

 

胴造りは崩れやすくなるみたい!?さらに胴造りの重心は、体の中心よりも少し前になるのが理想で爪先に体重を
乗せる気持ちで縦線を意識するのが基本とか・・

 

弓道上手くなる方法〜胴づくりが崩れる時の改善方法コツ〜

 

 

腰が折れる(腰抜け)と重心が前に行き過ぎ、胸の前に力がこもった反る体勢になると重心が後ろに行き過ぎて、縦線が出来ていない状態になるため三重十文字を意識して、胴造りが崩れないようにすることが大事らしい・・。

 

いずれにしても、胴造りに大切なことは、前後にゆれない姿勢を作ることであり両ひざを軽くしめ、両肩、腰、両足の線が上から見てきれいに重なるようにして、丹田に気息を落とすようにするのが良いらしい・・。

 

まぁ言ってることはほんの少し分かるんだけど・・なかなか難しいよね〜これらを実際に見て簡単に真似できる良い方法となると・・

 

 

なんといっても私達のような初心者レベルの弓道部員はこうした・・

 

胴造りが崩れる原因とコツを調べあげることは出来ても、具体的にイメージしてすぐに練習に取り入れることはハードルが高いもの。なんとなくやっていてもきちんと出来てるかイマイチ自信もない・・。

 

だからこそ、こうした胴づくりの基本やコツも含め、きちんと目で見て理解でき誰でもすぐに身に付くような見識者の教えや極意というべき弓道の教科書のような存在もきちんと自分自身で見つけ出し、それを元に具体的にイメージして都度練習に励むことが上達への最短近道かもしれないですよね〜^^お互い頑張りましょ。

 

 

 

天皇杯2回制覇 土佐正明があなたを徹底指導!

 

正しい射法習得だけが的中してしまう弓引きになる唯一の道・・射法八節を習得し中・貫・久を鍛え試合で勝利を手にする方法をDVDで指導。

 

私もこのDVDを見てみましたが・・今までにない洗練されたノウハウ、分かりやすい解説は自然に頭に吸収され上達をすぐに実感できると思いました。

 

例えば、頭でわかっているつもりでも思うように動かなかった身体、どこが間違いなのかに気づけず上達しない日々、冷静を装っていてもどうしてもブレる動きにどう対処し何を改善するべきなのかよく分かりましたよ!今すごくモチベーションが高いです^^

 

あなたも練習を頑張る中、いろんなジレンマを日々感じてると思いますが・・この弓道射法八節習得プログラムを見て一緒に上達を実感しませんか!?

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

人の好きなものとかコレクションてほんとに千差万別だね。何かのフィギア集めてる人とか、ミニカー集めてる人、同じような時計やバッグを毎回買ってる人・・とか色々いるけど、この前山奥の食堂に行ったら、恐ろしいほどの数の置き時計があった。店員さんになんでこんなに時計があるの?って聞いたら店長が時計好きらしい。全部の時計が時間が狂っていて、よく見たら止まっていた。それは確かに全部の時計を電池交換したら凄いことになるだろう・・。いろんなところ行っては置き時計を買ってくるんだろうな。人の趣味ってほんと驚かされるね。普通の家なら捨てられちゃうよ。そこは食堂だから、時計のいっぱいある店で印象付けされるけどね。

 

そういえば腕時計もたくさん持ってる人多いけど、その日の気分で使い分けるとかオンオフで・・とかかっこつけてるけど、最初だけでだんだん面倒になり、昨日付けててその辺に外しておいた時計を今日もしていくようになるでしょう!?自分はそうなるな確実に。あとは自動巻きならいいけど、電池交換は切れたら、修理に出すのも面倒だし。というかそもそも今はスマホをいつも携帯してるからいつでも時間わかるし腕時計する意味も分からん^^好きな人は家でも寝るときもしてる人いるらしいからそれも理解に苦しむ^^たぶん腕時計症候群だよきっと。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る